先輩社員の声
仙台事業所工務課  若生 翼 (H26 入社)

東北工業大学工学部建設システム科卒

これが私の仕事!

「安全管理が私の仕事です」

私は本社の安全管理課に配属され、事業所の皆さんが安全で快適に仕事をできるようにサポートをしています。現在の主な業務は、夏場の熱中症対策としてのWBGT値(熱中症の発生しやすい気温と湿度の関係)の情報発信、ヒヤリハット事例(危険を感じた事例)を各事業所から提出されたものをまとめて社員が閲覧できるようにする事や、工事中事故のまとめや分析、安全衛生講習会などの開催のサポートをして事業所の皆さんの事故防止対策を実施しています。 私は、会社の理念でもある「安全は全てに優先する」を念頭に置き、社員の皆さんが安全で快適に仕事をできるように、日々勉強しながら業務を実施しています。

ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由・ここが好き

「高速道路をより安全で快適に」

私は就職活動が始まったばかりの頃は、どんな仕事がしたいのか、自分にどんな仕事が合っているかが分かりませんでした。しかし大学の講義で、高速道路のマネジメントについての講義を当社の方からして頂き、また会社説明会などで当社のお話を聞かせて頂き、高速道路をより安全で快適に維持管理する当社の仕事に、私はとても魅力を感じました。私は高速道路の維持修繕を通して社会貢献をしたいという気持ちが強くなり当社を選びました。入社して感じたことは、会社の雰囲気がとても良い事です。分からない事や仕事の課題も上司や同僚の方に丁寧に教えてもらいながら日々成長していることを実感しています。また、資格取得や安全の為の講習会などにも積極的に参加させて頂けるので、技術者としての能力向上もしていると思っています。



青森事業所事業課  田口 雄平 (H24 入社)

秋田工業高等専門学校環境都市工学科卒

これが私の仕事!

「幅広い業務」

私が所属している工務課は、外注の為の積算業務や工事完了の検査及び完了書類の作成と整理等を行っています。通常は机上の仕事が多いのですが、災害時や事故などの緊急時の現場対応もあり、緊張することも度々です。現場に出るとあっという間に時間が経過します。復旧や通行止め解除までの段取りや実施に、夢中になっているということです。同時に現場には数えきれないほどの危険が存在しています。自らの安全を守る為の作業前の打ち合わせ、高速道路を利用するお客さまの安全を確保する為に日夜取り組んでいます。 この仕事でやりがいを感じることは、自分が担当した工事がしゅん工した時です。調査段階からこの場所にこの構造物は必要が有るのか等、現場を細かく調査したことを生かすことが出来た時は達成感とやりがいを感じます。さらに、その構造物が高速道路の一部として機能していく姿を見ると感無量です。 お客さまの感謝の声や笑顔を頂いたときもうれしいです。その為にも、日々お客さまが快適に利用できる環境を整えなければならないということを常に意識しています。

ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由・ここが好き

「迅速な震災対応」

私は、東日本大震災での対応の迅速性に心を奪われました。ライフラインが寸断される中、高速道路で物流を支え、緊急車両が通行できるように土のう積みで段差対策を行ったりと、何とかしよう!という思いが伝わってきました。このような方々と一緒に仕事をしてみたいと感じ、私は当社を選択しました。 日頃の清掃作業、植栽作業、雪氷作業、事故復旧作業、小補修作業、改良工事など幅広い分野での作業を行う為には、幅広い知識とともに専門的な知識も必要です。私はこれらを専門的に覚え、ライフラインを支えることを目的にしたいと思っています。



北東北総合事務所事業課  嶋津 朋    (H26 入社)

秋田大学工学資源学部土木環境工学科卒

これが私の仕事!

「現場に何が必要なのか・自分に何が足りないのか」

私は、盛岡事業所工務課に配属されています。工務課では、定期検査の数量確認、小補修の取り纏めを行っています。更に、橋梁の補修工事も担当し、上司の指導のもと「現場に何が必要なのか・自分に何が足りないのか」を考え、勉強している最中です。 また、盛岡営業所の業務も兼務しており、外注工事や受注規制等の契約業務を行っています。契約業務では、建設業法や各関係法令の知識を習得し、適正な業務履行の為に頑張っています。

ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由・ここが好き

「妻や母になっても土木の仕事を!」

私がこの会社を選んだ理由は、妻や母になっても土木の世界で仕事をしたいと思ったからです。インターンシップをさせていただいた企業で、女性が土木業界で働くのは想像以上に大変だと聞いていました。不安を抱えながら就職活動をしていましたが、面接時にその不安や希望を伝えると、社長から「何も問題ない」というお言葉を頂き、背中を押していただきました。また、高速道路のメンテナンスを担う重要な役割を持った将来性のある企業であることから「私はこの会社で働きたい」と思いこの会社を選びました。



福島事業所保全課  雪田 康平 (H26 入社)

八戸工業大学工学部土木建築工学科卒

これが私の仕事!

「清掃植栽作業の管理が私の仕事」

事業所で請け負っている業務には小補修作業、事故復旧作業、清掃植栽作業、SAPA内の清掃作業、雪氷作業(冬期)、等々があります。その中で私は、清掃植栽作業を担当しています。担当と言っても自らが作業するわけではなく、作業員への作業指示、安全管理、作業完了確認・数量のとりまとめを行うことが主な業務になります。 清掃植栽作業では、年間を通して計画的に実施する作業と当初の予定には組み込まれていない作業(緊急作業等)の2種類があります。後者の場合は自らが現場調査を行い、作業方針を検討します。どちらの業務とも高速道路を利用されるお客様の「安全・安心・快適」に直接つながる仕事であり、やりがい・責任ある仕事だと胸を張って言えます。

ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由・ここが好き

「やりがいある仕事をしたい!」

土木関係の仕事をしたいという、漠然とした理由から土木学科のある大学に進学しました。通っていた高校は普通科でしたので、大学で初めて土木について学びました。土木の仕事は道路や構造物を建設して完了だと思っていましたが、その後に「維持管理」の仕事もあるということを知り、維持管理の仕事に興味を持つようになりました。 高速道路の役割や重要性は、東日本大震災の復旧・復興の際に痛感させられました。 就職活動を始めると高速道路の維持管理を専門とする当社があるということを知りました。 私は「維持管理の仕事をしたい」「やりがいある仕事をしたい」という2つの目標を叶えられる会社はこの会社だと思い志望しました。



秋田事業所事業課  内川 真 (H24 入社)

日本大学工学部土木工学科卒

これが私の仕事!

「積算業務、主に清掃・植栽担当」

私の仕事は主に高速道路の維持修繕作業の積算業務で、特に清掃・植栽作業をメインに担当しています。現在所属するいわき事業所は清掃及び植栽関係の業務量が多く、冬期も雪が少ない地域なので、年間を通して行われています。その為、作業量が多く出来高の管理が大変になる事もありますが、そこにやりがいを感じ楽しくやっています。 また、事務処理だけでなく現場業務として、安全に作業が行われているかを確認する現場巡回や工事の現場立会、時には緊急作業として実際に現場に出て作業する事もあります。事務処理・現場共にまだまだわからない事が沢山あるので、上司の教えを受けて日々勉強しています。
ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由・ここが好き


「自分のやりたい事と一致した!」

私がこの会社を選んだ理由は、新しく物を造るのではなく、今ある物を修理(メンテナンス)して利用する維持修繕の分野に興味があったからです。というのは、現在土木構造物の老朽化問題が大きく懸念されている中、維持修繕は今後更に必要とされる分野であり、そのような構造物に一早く対応し、人々に安全・安心を与える誇りある分野だと考えたからです。また、日本の大動脈である高速道路を守るという大きな使命とやりがい、私が生まれ育った思い入れのある東北地方に貢献できるという点にも魅力を感じ選ぶきっかけとなりました。